読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本が教えてくれること。

本と映画と、ときどき私。

本当にコミュニケーション能力があるということ

思ったこと、日常、私は

 

世の中の人が思う『コミュ力が高い』は「おしゃべりができる」というイメージのような気がする。でもそれはちがうと思う。

 

本当に『コミュ力が高い』『コミュニュケーション能力がある』って「受け取ること」ができる人のことをいうのだと思う。

 

コミュ力が高そうに見える人って

誰にでも話しかけれて、ものすごく喋れて、自分の意見をズバズバいうような感じ。

 

わたしはそんな人たちをコミュニケーションおばけ&コミュニケーションモンスターって呼んでいるんだけど、実際に質の高いコミュニケーションが取れているかというと取れていないんだよなー。

 

総じて「聴く」のが下手くそ。

 

大学の時にも、友達が多くて、社交的なイメージがあって、話すとすごい勢いで喋ってくる人がいたんだけど一方的に話すことが多いからコミュニケーションにならないんだよなぁ。

 

こっちの話すことを受け取ってくれないので、モヤモヤするし、あんまり会話に中身がないので疲れる。笑

 

もちろん合う合わないもあるけどだいたい会うと疲れる人が多いイメージ。

 

 

芝居やカウンセリングのときに大事なことは「受け取る力」と学んだことがある。話すことは誰でもけっこうできるんだけど、相手が話していることを「受け取る」ってけっこう難しいんだってー。

 

いざ「受け取る」ことを意識してもなかなか難しいからね。心から聴くのって難しい。

 

 

でもコミュニケーションにおいて、相手に受け取ってもらえないとすごくストレスが溜まるんだよね。(なので逆に、ものすごく喋る人は小さい時から親などにきちんと話をきいてもらっていないのかもしれない)

 

この人と喋ってて心地がいいなーってときは「きちんと受け取られてる」という実感だと思う。そんなときに「あぁ、いま、コミュニケーションがうまくいっているなあ」とわたしは感じる。

 

 

この記事で何が言いたいかって

あんまり喋りが上手じゃないからって「わたしコミュ障だから…」なんて思わなくていいのにーということかな。

 

頑張って喋ろうとするとついつい相手をおいてけぼりにしちゃいがちだし、「受け取ろう」という心がけさえあれば相手がコミュニケーション能力がある人ならぜんぜん大丈夫だと思う。

 

コミュニケーションモンスターの人の言葉を「受け取ろう」とすると疲れると思うのでやめたほうがいいと思うけど、

 

「受け取ることができる人」×「受け取ることができる人」のコミュニケーションってたぶんあっさりしててすごくちゃんとコミュニケーションという形になってるんじゃないかなーって思うので。

 

ということを、なんだか就活系のツイートをみていて思ったのでした。

 

受け取ることだいじ。