本が教えてくれること。

本と映画と、ときどき私。

幼少期の家庭環境が人生を左右するのか?

 
幼少期の家庭環境が人生を左右するのか?


答えは間違いなく「はい」だと思う。


本を読めば読むほど、心理について調べれば調べるほど
幼少時の家庭環境は人生においてとても大切なものとわかった。


育てられた親、または育ててくれた親のような人によって
人格や考え方は大きく変わる。


私自身も、幼少期は母がヒステリック気味で
とにかく押さえつけられて育った。


つねに見張られてる。何をしても怒られる。勉強しろとうるさい。
そんな環境に育つと、少なからず、大人になってからの行動や考え方に支障が出る。


私の場合は、すべての選択を母にきかないとできなくなっていた。
大学生なのに、服を1枚買うのにも、遠く離れた母親の許可をとってしまう。


選択のすべては「母がどう思うか」であり、”自分で考える”ということができなくなっていたのだった。

もちろん他にもある。

つねに不安、自己肯定感が足りない、自分の気持ちがわからない・・・など・・・
働き始めても母の顔がちらつく。なにもしてないのに怒られるんじゃないか、とビクビクしながら過ごすようになる。



また、機能していない家庭で育つと(そういう家庭で育った子をアダルトチルドレンという)、子供はどちらかの行動を取ると思う。



グレてヤンキーになって外に発散するタイプか、
いわゆる「いい子」に育つんだけど引きこもりや不登校など発散できずに内にためるタイプか。


前者の場合は溜まった感情を発散しているからか、のちにうまく立て直すことが多いと思う。


テレビとか見てても「元ヤンキーですがいまは先生」「ヤンキーでしたがモデルです」とか、迷惑をかけきったことにより、うまく前に進める人が多いイメージ。



大変なのが、内にためるタイプ。
このタイプは家が裕福、勉強を押し付ける親がいる、親が頭がいい、社会的地位が高いなどの場合が多いようだ。


育つ過程で「いい子」として育てられた場合が多く、本人も頭がいい。

しかし「いい子」として育ってしまったがゆえ、例えば外に発散しようとしても「罪悪感」がまとわりつくようになっている。


「こんな自分はダメだ」「だめな自分が耐えられない」
自分に対してハードルが高く、罪悪感がまとわりついてしまうために、きもちを発散できない。


また、親も自分の話をきちんと聞いてくれることもないので、感情やきもちを出さなくなる。


そして、内にこもっていく。


感情を何年もためるぐらいならば、少し迷惑をかけていいから、小出しに発散したほうがいいと思う。でも、なかなか内にこもるタイプはそれができない。


いわゆる「いい親」に育てられており、親の「こんなにしてやってるのに」という言葉により、親を心底嫌うことができない。話そうとしても、聞き耳をもってもらえない。どうにもできない。いつかは「自分が悪いからだ」と思い始める。


誰かのせいにするのではなく、自分を責めてしまう。



だめな自分を責め続け、感情を出さなくなると、次第には身体が動かなくなり、学校にもいけなくなる。

自分で考える力がなくなる。

何に対しても不安になる。

なかなか立ち直れない。

生きるのも辛くなってしまう。




最近、ニュースで多い、子供が親を手にかけてしまう事件を見ると、内にこもってしまったんだなぁと思う。(もちろんそんな単純なことじゃないと思うけど)


あぁ、誰か一人でもこの子の話を、悲しみや辛さを心の底から聞いてあげたならば、ちがう未来があったのにとも思ったりする。


本当に世の中にはいろんな親がいる。



でも、「親が悪」かと言われるとそうは思えず
やっぱりその親にも親がおり、親も被害者というか、そういう育て方しかしてもらえず、育て方がわからないんだろう。


私の母も、母がすごく厳しかったから「母親と同じ子育てはしないぞー!」と意気込んでいたのに、結果は同じように育ててしまったと言っていた。


なかなか、自分で気づいて方向を修正するのは努力が要ることだと思う。(私の母は修正して、本当に生まれかわったかのようだ!)




育て方に正解はないと思うけど
20代で独身ながら、これからお母さんになっていく若い人たちに
「東大プロママ」の記事を読むよりも
親とは何か、子育てとは何か、を今一度考えてほしいなぁとも思う。



わたしは、勉強して頭をよくして将来が不安にならないように育てるよりも
どんな環境でも楽しみを見いだせる子供に育てたい。



幼少期の家庭環境は人生にとって大きく重要だけど
家庭環境が悪いからといって
だから、「人生終わった」とは言えない。


すごい大変だけど、自分でそのことに気づいて、いい人と出会って(カウンセラーを付けるのもいいと思う)方向修正していけば変われると思う。


私も少しずつだけど、変わっていったし
「あのときの私ばかだなー!」って思えるぐらい
思考が変わった。


実際、自分の今までの考えとか、不安とか、怖さを受け入れて変えるのってめっちゃ大変だし


たまに「普通の家庭に育った人いいなー」とも思うんだけど
でも、そういう家庭に育った人しかわからないことってたくさんあると思うんだよね。


そういうのから立ち直った人は、強いと思う。


だからこそ、立ち直れなくても、生きるのをやめたりしないで欲しいなーって思う。