本が教えてくれること。

本と映画と、ときどき私。

12歳からブログをはじめたけど、やっぱりブログって楽しい。


はてなブログを本格的に更新しはじめて1ヶ月がたった。
毎日のPV数は100もいかない感じ。

昨日もブログを更新していて、
「今月の目標は1000PVだ~~!」とふんわり思いつつ就寝。

そしたらびっくり。朝起きたらなんかすごいPV数になっていた!
どうやら以前書いた記事がはてなブックマークされたから?らしい。一日にして目標が達成されてしまった。すごい。嬉しい。引き寄せた。

と同時に、自分が書いた記事に感想がくるということを久々に実感。ちょっと怖くなる。そういえば「昔、ブログ炎上したことあったなぁ~」って思い出したので、私のブログ歴についてかく。


私がブログをはじめたのは12歳のとき。

12歳。小学六年生のときにブログをはじめた。父親がブログをやっていて、それに影響を受けてだった。父と同じライブドアブログでスタート。

最初は小説を書いていた。毎日、少しずつ書いてて、楽しかったなぁ。たぶんPVは10ぐらいしかなかったと思うけど「10人もの人が読んでくれている!」って感動のほうが大きかった気がする。私にもそんな純粋な時がありました◎




新しいブログスタート。ブログ中心の毎日。

小説をぶじ完結させて、新しいブログを開設した。
当時、私は生徒会にはいっていて副会長をやっていた。なので、生徒会を中心に日々を面白おかしくアップしていたら、なかなか多くの人に見られるようになった。よくわからない企業から「紹介したいです」ってメールももらった気がする。


あの時は本当にブログがとても楽しかった。


毎日、早起きをしてパソコンをつけてPVとコメントを確認する。コメントは毎日10件ほどあり、「私も副会長です!応援してます」って感想をもらったりして、嬉しかった。


ちなみにちょうどそのときのネットは、はぁちゅうさんやアルファさんもすでにブログをしていて、まだアメブロとかもなかったと思う。芸能人でブログやっている人も今ほどいなかったし、ネットで顔出しするなんてありえない!!という時代だった。ちなみにニコニコ動画はベータ版だった。笑


私は毎日、どんな記事を書こうかと暇さえあれば考えてたし、当時はオチまでしっかり考えてから書き始めていた気がする。かなりブログ中心の生活だった。家庭環境もよくなかったし、唯一、落ち着く場所だったのかな。




14歳、ブログ炎上

そんな感じで、日々更新していたら、ある日、突如、炎上した。
いきなり知らない人にネット上で攻撃される。



今でこそ「炎上」って言葉が一般的になっているが、十数年前はそんなことなかったので、中学2年生の私にとってはかなり恐ろしいことだった。


なんで炎上したかというと、某ブログランキングに参加していた私⇒ランキング下のブログの人が私のブログを批判⇒それを読んだ私のブログの読者が擁護⇒相手のブログの読者と私のブログの読者が私のブログのコメント欄で騒ぐ


って感じだった。私は別に誰かを攻撃したりしてたわけじゃなかったんだけど、そういう形で炎上した。


今書いてて思ったけど、くだらないなー笑


くだらないけど、当時は読者も中学生や高校生だし、今みたいにみんな携帯をもっている時代じゃないし、私も中学生だったしとにかく怖かった。

別に自分の居場所が知られてるわけでも、どこの誰かもわからないけど、ネット上で攻撃される。怖い。怖いよー!


と思って、多くの人が読んでくれてたブログだったのに、辞めた。まぁ、たしか生徒会を引退するからいいタイミングだったのかもしれないけど、あっさり辞めた。



炎上しても気にしないでよい

今、大人になってネットに慣れてきたからこそ「炎上しても気にしないでいい」と強く思えるようになった。

中学生の時はすごく大きなものに追われている恐怖みたいなものがあったけれど、一億人もいれば分かり合えないことのほうが多いし、他人の意見が怖くて自分がしたいことをしないというのも違うよな、と今は思えるようになったし。


それに「あのままひとつのブログ続けてたらもっと面白かったかなぁ」なんて思うときもあるし。続けることの大切さ、ってあるよね。


あのあと私は、ライブドアブログで別のブログをつくって更新してたけど、面白くなくなって辞めた。楽しいって感情がなくなったんだよなぁ。それには炎上したことが少し関係があるのかもしれない。ようは私が人の目を気にしすぎたってだけの話だけど。


信じるなら、自分を。また、応援してくれる人のことを優先しよう、という教訓をもらった体験だった。


で、そのあとはアメーバブログにいって何個かいろんなテーマでブログをかいていた。でもなんか楽しくなかった。PV集めることだけに必死になっていたからかもしれない。



それでもコメントやメッセージをもらうと「嬉しいな」と思うから未だに続けているのかもしれない。誰かの役にたったり、誰かが笑顔になってたら嬉しいし。もちろん自分の自己満足で更新してはいるんだけど、ついでに誰かと関われているのはいい。



昨日は、はてなブログではじめてブックマークがついて「人から意見をもらうのちょっと怖いな」って気持ちがわいた。でも、同時に、いろんな考え方を知れたり、ブログを通して交流が生まれたりするから「やっぱブログ楽しいな」っても思えたのだった。




ライブドアブログでやっていた楽しさを、最近は見出してる感じがする。

「おかえり!私の”楽しい”って感情!」

なので、今後もブログを書きつつも、炎上することもあるかもしれないけど(できれば避けたい笑)ぼちぼち楽しんでやっていこうと思う。




ほかの記事!

bigsisteraki.hatenablog.com

bigsisteraki.hatenablog.com

bigsisteraki.hatenablog.com