本が教えてくれること。

本と映画と、ときどき私。

私はチョコよりもバラの花が欲しい。

 

 

今週のお題「バレンタインデー」


イギリスではバレンタインデーにバラの花を男性が女性にプレゼントする。

ということを誰からか聞いた。


いいなー!



好きな人にチョコを用意しつつ恋焦がれるバレンタインもいいですが、好意を寄せてる人から花をもらうってとっても素敵じゃないですか?私が花をもらうことが好きだからかもしれませんが、誰からであろうとお花もらえたら嬉しいよー


しかも本数にも意味があるみたいで

赤いバラ1本なら「あなただけ」11本は「お気に入り」99本は「永遠に」100本は「結婚してください」なんだとか!

うわーおしゃれー!本数間違えられないね。




調べてみるとヨーロッパ、アメリカのほうは男性から女性に何かをしてあげるという日らしい。なんで日本だけ女性から男性なのでしょうか?そもそも日本だけチョコレート会社の陰謀があると思うので(笑)チョコレート好きな女性のほうがこの行事を楽しみだしたのかもしれない…!



それにしても、2月14日は男性の血糖値がものすごく上がる日なんだろうなぁ…なんて心配しています。チョコレートは糖分の塊なので、食べたら血糖値がグンとあがってその後具合が悪くなったりしますよね…!


ってことで、夢のないことばかり言ってますが
バレンタインデーぐらい花屋の店先に並んだいろんな花が売り切れてもいいじゃない!バレンタインデー=お花の日にしたい!と私は強く思います。


そしたら、男性の方々の血糖値もあがらないし、先にお花プレゼントしておけばお返し代に高くつくこともないし!女性も喜ぶし!一石二鳥ですね!笑


もらったお花を家に持って帰って、お気に入りの花瓶に生けて、枯れるまで毎日もらった人のことを思い出すんです…ロマンチックだなぁ。



★楽天1位★バラのアレンジ 生花 自由が丘スタイル 結婚祝い/誕生日/バラのアレンジメント・ブーケ/花束/即日発送/バレンタイン 花 ギフト/メッセージカード付き/送料無料/歓迎 送迎/結婚記念日/ひなまつり/ホワイトデー/冬ギフト【あす楽】P23Jan16

価格:3,980円
(2016/2/7 13:19時点)
感想(6963件)

 



まぁ、今は彼氏も好きな人もいないので今年はまったく関係ない行事なんですけどね…(涙)

 



 
ほかの記事も読む。

bigsisteraki.hatenablog.com

bigsisteraki.hatenablog.com